ずっと一緒にいたいなんて安っぽい言葉だって思ってたけど、あたしは彼とずっと一緒にいたいよ。

 

誕生日、花束をもらうのが憧れって言ってたあたしに彼はバラのドライフラワーの花束をプレゼントしてくれた。生花だと枯れちゃうから、ずっと残るようにドライフラワーにしたよって、彼のそういうところがあたしは大好きなんだなあってしみじみ思った。

 

2人で行った旅行もずーーーーっと楽しくて、何回もあーー大好きだなって思って、セックスの途中何回もこのままひとつになっちゃえたらいいのにって、ありきたりだけどゴムのほんの数ミリの壁が切なくてたまらなかった。好きでたまらなかったの。

 

別れ際、彼の家の最寄の一個手前の駅のホームに座ってお別れが悲しくてどうしようもなくて泣いてしまった。いつもこうやって困らせてしまうから我慢しなきゃいけないね、ごめんね。バイバイってしてから1人になって特急列車で自分の家に近づいて行くことに悲しくてまた泣いた。遠距離恋愛でもあるまいし、また少ししたら会えるのに、再来週にはまた旅行も行くのに、彼と離れることが世界を終わらせることとイコールみたいに辛くて悲しくて、彼のことがどうしようもなく大好きだって思った。

 

ねえずっと一緒にいたいよ、