君の他にはなんにもいらないよ

あたしがクリープハイプというバンドに惚れてもうすぐ一年が経つなあ、なんて昨日カラオケにて感慨深くなった。自分で作ったプレイリスト聴いて、忘れかけてたあのなんとも言えない胸の締め付けられ方を思い出した。もう今のあたしはあの頃のあたしとは違うけど、あなたがこの曲を聴いて思い浮かべていたあのひとは今でもしょうもなくてどうしようもなくて、でも大丈夫だからねってあたしに伝えてあげたいなあ。今となっては地雷でも、あたしはあの頃の自分も含めてすべての自分を愛しているからって。

 

あたしは「寝癖」という曲の1番と2番での男女の心情の違いの表現がたまらなくすきなんですけど、

 

「あたし」は

"君の髪が白くなっても そばにいたいと思ってるよ"

と思っているのに対して「僕」は

"君の髪が乾くまでは ここにいると思うよ"

とか、すぐそこの未来さえ不確かだって言うんですよ。なんかもうあーーーってなってそんなふうに思われてたらやだなあってやだなあってやだなって。尾崎さんはあたしのことを抉るのがうまいなあって。また辛くなって、でもすぐ酔っ払うあたしのことをずっと心配してくれていた彼を、痛くなくなるまで待っていてくれた彼を思い出して、あたしは愛されてんなあって思ったりするからまだ大丈夫だよ。